文字サイズの変更
会員ページ

今月の健康コラム

近年流行中のRSウイルス感染症

2013年11月1日

毎年、乳幼児を中心に冬季に流行する感染症のひとつ。風邪の症状に似ており、多くの場合は軽症ですみますが、重症化することもあるので注意が必要です。

乳幼児は注意が必要な感染症

RSウイルス感染症は、RS(respiratory syncytial)というウイルスが原因で発症します。冬季に流行し、乳幼児間で感染します。症状は風邪に似ており、咳、鼻水、咽頭痛、頭痛、倦怠感、発熱など。多くの場合は軽症ですみますが、1歳未満(特に6カ月未満)の乳児や、心肺に基礎疾患をもつ小児、早産児が感染すると、呼吸困難などの重篤な呼吸器疾患を引き起こすおそれがあります。また、初めての感染の場合は、感染した乳幼児の25~40%に気管支炎や肺炎の兆候が出ることがわかっています。呼吸が速い、息苦しそうといった様子が見られたら早めに受診してください。

手洗い・マスクで感染予防

RSウイルス感染症の症状は、2日から7日間の潜伏期間の後に現れます。現在のところウイルスに対する特効薬はなく、症状を緩和させるなどの治療が行われます。
流行の時期は、10月から5月頃まで。くしゃみの飛沫を吸い込んだり、手指を介し目や口に接触して感染するので、普段から手洗いやマスクの着用などの予防対策を心がけましょう。

RSウイルスの感染を予防するために
  • こまめに手洗いをする … 石けん、消毒用アルコールなどで感染力が弱まります。
  • マスクを着用する … 飛沫感染の予防はもとより、感染した場合は周囲に感染を広げないことも大切です。
  • 休息をとる … 登園を控えるなど、無理をさせないように配慮しましょう。

  • インデックス
  • 前のページ
  • 次のページ
わたしの町のお医者さん
今月の健康コラム
髄膜炎菌性髄膜炎
バックナンバーはこちら
千葉市医師会 多言語診療ツール
千葉市医師会シアトル計画
千葉市救急受診ガイド
  • リンク集
  • サイトマップ
ページトップ