文字サイズの変更
会員ページ

医師会のご案内

お知らせ

2015年

2015年12月21日

「糖尿病」

「よく見たり聞いたりはするけど……」と、漠然と知っている方が多いのが糖尿病。中高年の患者数が最も多いとされていますが、近年では、食生活の欧米化などにより小中学生の子どもにも増加しています。正しい知識を身に付け、生活習慣に気を配ることが大切です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年11月2日

「おたふくかぜ」

毎年流行のシーズンがやってくるおたふくかぜ。「子どもの病気」と、思い込んでいる大人も多いのではないでしょうか? 意外と怖いのが、大人になってからの感染による重症化。合併症なども引き起こすおたふくかぜには、年齢を問わず注意が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年10月23日

千葉市医師会日医認定産業医研修会が開催されます ※終了しました。

千葉市医師会では、千葉市医師会日医認定産業医研修会「基礎(後期)」・「生涯(専門)」を、2015年11月20日(金)19:00より京成ホテルミラマーレにて開催いたします。今回のテーマは「海外勤務労働者、外国人労働者の健康管理」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年10月2日

「足のつり(こむら返り)」

「い、痛い!」運動しているときや眠っているとき、突然激しい痛みに襲われてうずくまったり、目が覚めたりする経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。性別や年齢に関わらず、私たちの身近にある「足のつり」。実は糖尿病や脳梗塞といった重大疾患とも繋がりがあったのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年9月2日

「老視」

近くが見えにくくなることに始まる老視は、機能的な衰えを自覚する最初の症状ではないでしょうか。初期には、老視であることを認めたくない、あるいは老眼鏡をかけることに抵抗がある方も多いと思います。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年8月3日

「立ちくらみ」

立ち上がろうとした瞬間にふらっとなってしまった経験はありませんか? 立ちくらみが起こる原因は血液の流れにあります。普段から予防法を意識して、改善していきましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年7月1日

汗の病気「多汗症」

「緊張するとたくさん汗が出る」「常に汗じみが気になって仕方ない」「大して暑い日でもないのに汗が止まらない」…こんな症状がある場合、もしかしたら「多汗症」という病気かもしれません。日常生活や社会生活に支障をきたすようであれば、かかりつけ医に相談してみましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年6月1日

脳の障害「アスペルガー症候群」

常識がない、その場の空気を読むことができない、自分のことしか話さない、などといった特徴がある場合、「アスペルガー症候群」の可能性があります。気付かずにいると、社会に適応するのに時間がかかったり、二次障害を発生することもあります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年5月1日

「関節リウマチ」は早期発見・早期治療が重要です

手足の関節が腫れたり痛んだりする「関節リウマチ」。病気が進行すると関節に変形が起き、日常生活にも支障をきたすようになります。関節に異常を感じたときは、早めにかかりつけ医を受診しましょう。早期発見・早期治療が重要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年4月24日

千葉市では、65歳以上の方の成人用肺炎球菌ワクチン予防接種の公費助成をしています

千葉市では2014年10月1日より、成人用肺炎球菌ワクチンの予防接種費用の一部を助成しています。
なお、過去に一度でも肺炎球菌予防接種の接種を受けたことのある方は対象外となります。

対象者 : ①定期接種
2014年3月31日に64歳、69歳、74歳、79歳、84歳、89歳、94歳、99歳だった方

②75歳以上で定期接種対象外の方

接種期間 : 平成27年4月1日~平成28年3月31日
接種費用(自己負担額) : 3,000円

詳細は下記千葉市ホームページをご覧ください。

2015年4月24日

子供の予防接種(水痘)のご案内

水痘(みずぼうそう)予防接種は、水痘ウイルスの毒性を弱めた生ワクチンです。1歳から3歳未満で、2回の接種となります。
水痘ワクチン2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できると考えられています。
措置経過がなくなりましたので、3歳以上の予防接種はできません。

詳細は下記千葉市ホームページをご覧ください。

2015年4月1日

慢性的な「耳鳴り」には要注意

飛行機の離着陸のような急激に気圧が変化する場合やトンネルの中、静かな部屋に入ったときなど、誰もが一度は「耳鳴り」を経験したことがあるのではないでしょうか。一時的な耳鳴りは誰にでも起こりうることなので心配する必要はありません。しかし、何度も続く場合や、耳鳴りが日常生活に支障をきたしている場合は注意が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年3月4日

思春期に発症しやすい皮膚の病気「にきび」

気が付くと顔にぽつんとできている「にきび」。大したことはないと思って放置したり、手で潰したりしていませんか? 「にきび」は皮膚の病気です。きちんとした治療を受けないと悪化したり、治っても痕が残ってしまうことがあります。正しい知識を身につけて、きれいな肌を守りましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年2月13日

千葉市医師会日医認定産業医研修会が開催されます ※終了しました。

千葉市医師会では、千葉市医師会日医認定産業医研修会「基礎(後期)」・「生涯(専門)」を、2015年3月13日(金)19:00より千葉市総合保健医療センターにて開催いたします。今回のテーマは「ストレスチェックの実際と事後措置」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年2月3日

排尿トラブルを改善するには

突然尿意を感じる、頻繁にトイレに行きたくなる、トイレに行った後も尿が残っている感じがするなど、排尿に関するトラブルを抱えている場合、一度医療機関を受診してみましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2015年1月5日

冬場に注意したい「ヒートショック」

ヒートショックは冬場の入浴時に起こりやすい健康被害。命に関わることもあるため、特に高齢者や高血圧・心臓病などの疾患のある方は注意が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

医師会のご案内
わたしの町のお医者さん
今月の健康コラム
髄膜炎菌性髄膜炎
バックナンバーはこちら
千葉市医師会 多言語診療ツール
千葉市医師会シアトル計画
千葉市救急受診ガイド
  • リンク集
  • サイトマップ
ページトップ