文字サイズの変更
会員ページ

医師会のご案内

お知らせ

2014年

2014年12月3日

10月1日より、65歳以上の方のインフルエンザと肺炎球菌ワクチンの公費助成が開始しました。 ※終了しました。

肺炎球菌ワクチンが受けられる方は今まで、肺炎球菌ワクチンを注射したことの無い、2014年3月31日に64歳、69歳、74歳だった方と、75歳以上の方で千葉市在住の方 は、経過措置が受けられます。
詳細は下記千葉市ホームページをご覧ください。

2014年12月2日

「逆流性食道炎」

逆流性食道炎とは、胃液や胃で消化される途中の食物が逆流する病気です。中高年に多い病気といわれていますが、最近では食生活の変化や生活習慣の乱れ、ストレスによって若者にも増えています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年11月4日

「ノロウイルス感染症」

ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は一年間を通して発生しますが、特に流行りやすいのは冬季です。これからの時期に向けて、予防をしていきましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年10月17日

千葉市医師会日医認定産業医研修会が開催されます ※終了しました。

千葉市医師会では、千葉市医師会日医認定産業医研修会「基礎(後期)」・「生涯(専門)」を、2014年11月13日(木)19:00より京成ホテルミラマーレにて開催いたします。今回のテーマは「改正労働安全衛生法のポイント」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年10月1日

目の病気「白内障」

どなたでも発症すると考えられる目の病気です。また、日頃の生活習慣が発症のリスクを高める場合があります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年9月4日

子どもだけじゃない、大人も怖い「喘息」

喘息とは、気道が狭くなって、呼吸がしづらくなる病気です。子どもの病気と思われがちですが、成人の患者も多数いる、誰もが油断できないものなのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年8月4日

夏バテ対策を心がけましょう

夏は四季のなかで、一番エネルギーを消費しやすい季節です。生活習慣を整え、夏バテしないからだをつくりましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年7月1日

水虫を予防しましょう

水虫は、白癬菌(はくせんきん)という、カビの一種が原因で起こる皮膚病です。かつては男性がかかるもの、というイメージがありましたが、最近では女性にも増えてきています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年6月2日

合併症に注意!「手足口病」

手足口病は、乳幼児を中心に、主に夏に流行するウイルス性の感染症です。大抵は数日で回復しますが、ときに重い合併症を起こすことがあるため、経過には注意が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年5月15日

妊娠を希望する女性を対象に風しん抗体検査と予防接種を実施します。 ※終了しました。

千葉市では、風しん抗体検査と予防接種を実施します。
妊婦が妊娠初期に風しんに感染すると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群」と呼ばれる障害を持つことがあります。このため、妊娠を希望する女性は、妊娠前に抗体検査を受け、抗体価が低い場合は予防接種を受けるようにしましょう。
実施期間 : 2015年3月31日迄

■ 抗体検査

対象者 : 妊娠を希望する女性
※過去に風しんにかかったことが明らかな方、風しんの予防接種を受けたことがある方、妊娠している方は対象となりません。

費用  : 無料

■ 予防接種

対象者 : 妊娠を希望する女性で、抗体検査の結果抗体価が低い方
※抗体価が低い方とは、HI法で16倍以下、EIA-IgG法でEIA価8.0未満(国際単位45IU/ml未満)の方。また、検査結果が確認できる書類があれば、過去に受けた抗体検査でも対象となります。
※過去に風しんにかかったことが明らかな方、風しんの予防接種を受けたことがある方、妊娠している方は対象となりません。

費用  : 3,000円(税込)
※風しん、MR(麻しん・風しん混合ワクチン)とも費用は同額です。

利用方法などの詳細は下記千葉市ホームページをご覧ください。

2014年5月1日

「乗り物酔い」を防ぐには

電車やバス、飛行機、船などに乗るとき、乗り物に酔うのが心配な方は、体調を万全に整え、「乗り物酔い」対策をしっかりとって出かけましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年4月10日

千葉市医師会日医認定産業医研修会が開催されます ※終了しました。

千葉市医師会では、千葉市医師会日医認定産業医研修会「基礎(後期)」・「生涯(専門)」を、2014年6月11日(水)19:00より千葉市総合保健医療センターにて開催いたします。今回のテーマは「発達障害と職場のうつ病」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年4月3日

ストレスケアで「五月病」を予防しましょう

4月は新しい生活を始めることが多い季節。環境や生活の変化は、ときに多大なストレスを与えることがあります。このストレスが原因となり、5月頃に体調不良を起こすことを「五月病」といいます。新生活を楽しく健康的に送るため、ストレスをためない生活を心がけましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年3月7日

睡眠に関するさまざまな問題「睡眠障害」

睡眠は、私たちの生活にかかせない大切なものです。睡眠時間が減ったり、睡眠の質が低下したりすると、日常生活に支障が出てきます。夜眠れない、日中ひどい眠気に襲われるなど、睡眠障害の症状があらわれたときは、まずは自分の睡眠習慣を見直してみましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年2月13日

千葉市医師会日医認定産業医研修会が開催されます ※終了しました。

千葉市医師会では、千葉市医師会日医認定産業医研修会「基礎(実地)」・「生涯(実地)」を、2014年3月14日(金)19:00より千葉市総合保健医療センターにて開催いたします。今回のテーマは「職場の喫煙対策のためのガイドランに基づく測定実習」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年2月3日

乾燥肌の予防・対策

気温や湿度が低くなる冬は、「乾燥肌」でかゆみや湿疹などに悩まされていませんか? 「ただの肌荒れ」と軽く考えず、早めの予防・対策で健康的な肌を維持しましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2014年1月27日

新しい小児用肺炎球菌ワクチンが導入されました

2013年11月1日より、定期接種の小児用肺炎球菌ワクチンが、従来の7価のものから13価のものに切り替えになりました。
新しい13価のワクチンは、従来の7種類の肺炎球菌ワクチンに、新たに6種類が追加となっており、13種類の肺炎球菌感染症を予防することができます。
接種スケジュールは従来と変わりません。すでに定期接種の初回接種を7価ワクチンで終了されていても、残りの接種は新しい13価のワクチンでの接種となります。
また、すでに従来の7価ワクチンの接種が完了している場合でも、希望者は13価ワクチンの追加接種を受けることができ、予防範囲も広がります。ただし、任意接種となりますのでご了承ください。

2014年1月27日

高齢者肺炎球菌予防接種の助成のお知らせ ※終了しました

千葉市では、高齢者の皆さんに向けて、肺炎球菌予防接種の助成を実施しています。

対象者 : 75歳以上の方および65歳以上75歳未満で特定の障害のある方

接種費用 : 医療機関によって異なります。市の公費負担額(3,000円)を差し引いた金額を医療機関でお支払いください(一人1回限り助成します)

接種期間 : 2014年3月31日迄

※肺炎球菌ワクチンは、1度の接種で抗体が5年以上持続します。5年以内に再接種すると、初回接種よりも注射部位の疼痛、紅斑、硬結等の副反応の確率が高くなります。このため、5年以内に肺炎球菌の予防接種をされている方は接種を行わないでください。また、5年以内に肺炎球菌ワクチンを接種した方が再接種を希望した場合は、全額自己負担での接種となります。

2014年1月27日

平成25年度の検診についてのお知らせ ※終了しました

各種がん検診や骨粗しょう症検診など、平成25年度の検診期間は2014年2月28日迄です。早めに受診ください。

2014年1月6日

目の病気「ドライアイ」

空気が乾燥する冬は「ドライアイ」に気を付けましょう。最初は目に疲れや痛みを感じる程度ですが、悪化すると全身に症状があらわれる場合もあります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

医師会のご案内
わたしの町のお医者さん
今月の健康コラム
髄膜炎菌性髄膜炎
バックナンバーはこちら
千葉市医師会 多言語診療ツール
千葉市医師会シアトル計画
千葉市救急受診ガイド
  • リンク集
  • サイトマップ
ページトップ