文字サイズの変更
会員ページ

医師会のご案内

お知らせ

2011年

2011年12月17日

ロタウイルスを予防する経口生ワクチン「ロタリックス」の接種が始まりました

冬季、乳幼児に急性胃腸炎を引き起こすロタウイルスへの感染を防ぐための経口生ワクチン「ロタリックス」が、2011年11月21日より、接種できるようになりました。任意の予防接種で、接種可能な時期も限られますので、接種をお考えの方は早めにご検討ください。

接種方法

1回あたり1.5mlの液体ワクチンを、27日以上の間隔を空けて、2回経口接種します。
※生後6週から接種可能です。遅くても24週までに2回目の接種を完了する必要があります。

ご注意ください

ロタリックスはヒブ(Hib)ワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンとは同時接種できますが、BCGとロタリックスの両方を接種する場合は27日以上の間隔を空ける必要があります。
千葉市の場合は、生後4か月になると集団でBCGの予防接種がありますので、ロタリックスの接種をお考えの際は以下の予定で接種しましょう。

ロタリックスとBCGの接種スケジュール
生後2か月以降 1回目のロタリックスを接種
1回目の接種から27日目以降 2回目のロタリックスを接種
2回目の接種から27日目以降 千葉市で行うBCGの集団接種

※現在、ロタウイルスそのものに有効な薬剤はありませんので予防接種によって予防することをおすすめします。
  接種を希望する際は、かかりつけ医に相談してください。

2011年12月17日

「二日酔い」にご注意を

お酒を飲む機会が多い季節がやってきました。適度な飲酒は重要なコミュニケーションの手段であり、人生を豊かなものにしてくれます。しかし、つい飲みすぎて、翌日に二日酔いになってつらい思いをした経験のある方も少なくないと思います。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年12月12日

【第36回サンスポ千葉マリンマラソン】ブース出展のお知らせ

終了しました。

千葉市医師会では、健康啓発活動の一環として平成24年1月に開催される千葉市最大のマラソンイベント、「第36回サンスポ千葉マリンマラソン」にブースを出展することとなりました。

当日は、千葉市医師会員の医師を中心とした、医療関係者がゴール会場付近にブースを設置し、さまざまな視点からの健康チェックや健康相談を実施します。マラソン参加者はもちろん、参加されない方にも健康に関するアドバイスを行っていますので、ぜひお気軽にブースにお立ち寄りください。

詳しくは、こちらをご覧ください。

開催日 平成24年1月22日(日)
場所 JR海浜幕張駅 QVCマリンフィールド
公式サイト

2011年12月7日

女性に多い膀胱炎

寒い季節になると、どうもトイレが近い……、と感じることはありませんか? もしもトイレが近いだけではなく、排尿時に不快感や痛みが伴う、排尿後も尿が残った感じがするようなら、膀胱炎の疑いがあります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年12月7日

マイコプラズマ肺炎

行き交う人々のなかにもマスクをしている人が多くなってきました。もしも今年、せきが長引いているようだったら、かぜだけでなく「マイコプラズマ肺炎」も疑ったほうがよいかもしれません。2011年、大流行しているこの病気は、放置すると重い合併症を起こすリスクもあるのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年12月6日

インフルエンザは早めの予防を

千葉でもあちこちで紅葉がみられる時期、山や温泉に出かける人も多いのではないでしょうか。かぜやインフルエンザが流行しはじめる時期でもありますので、お出かけの際は特に、体調管理に気をつけましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年12月5日

コレステロールの働きについて知りましょう

コレステロールは「体によくないもの」とか「有害なもの」という印象を持たれている方も多いのではないでしょうか。 確かにコレステロールは動脈硬化に関連していますが、そもそもコレステロールは血管や細胞膜の重要な構成成分であり、ホルモンを生成する上でも大切なものなのです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年12月5日

確実に治療したい「中耳炎」

赤ちゃんや子どもに多い病気のひとつが中耳炎です。耳の構造は、奥から「内耳」「中耳」「外耳」に分けられ、そのうち「中耳」の部分に炎症が起きたり、水がたまった状態を中耳炎といいます。耳の発熱や痛みをともない、場合によって難聴も起こります。慢性化する恐れもあるため、確かな知識を身に付け、医師とともに根気強く治療を続けることが大切です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年10月13日

今年度より小児へのインフルエンザワクチンの接種量が変更(増量)となります

今年度から、13歳未満のインフルエンザワクチンの一回あたりの接種量が増量されます。

接種回数は昨年度と同様2回で、接種間隔については2週間~4週間必要となります。

(4週間後に接種するのが効果的には一番良いとされています。)

なお、昨年度まで3つに分かれていた年齢の区分けが、今年度から生後6か月~3歳未満と3歳~13歳未満の2つになっています。

接種量が多くなったために接種の後、注射をしたところに痛みを感じたり、赤みや腫れが出ることがありますが、しばらくするとおさまりますのでご安心ください。

今年度
生後6ヶ月以上~3歳未満 0.25ml/回(接種間隔2~4週間で2回接種)
3歳以上~13歳未満 0.5ml/回(接種間隔2~4週間で2回接種)
13歳以上~ 0.5ml/回(1回接種。または、接種間隔1~4週間で2回接種)

※13歳以上につきましては、昨年度と同じ内容になります。

参考:昨年度まで
1歳未満 0.1ml/回(接種間隔1~4週間で2回接種)
1歳以上~6歳未満 0.2ml/回(接種間隔1~4週間で2回接種)
6歳以上~13歳未満 0.3ml/回(接種間隔1~4週間で2回接種)

2011年10月11日

運動中にけがをした場合の応急処置について

暑い夏もようやく終わり、スポーツの秋がやってきました。運動会や体育祭など、スポーツイベントが増えるこの時期、意外と多いのが大人のけがです。スポーツを始める前の準備体操やストレッチをしっかり行うことはもちろんですが、いざという時のためにけがの応急処置も覚えておきましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年10月6日

定期的に健康診断を受けましょう

健康診断(健診)は、年に1回、全身の健康状態をチェックするものです。皆さんは必ず受けていますか?
「健康だから問題ない」「時間がない」「面倒くさい」などといって、受けていないことが多いのではないでしょうか。健診を受け、さまざまな検査を行うことにより、自覚していない身体の変化を知ることができます。自分の健康状態を知るためにも、定期的に健診を受けるようにしましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年10月6日

市民公開講座「-あなたは大丈夫?胃がん予防と治療について-」が開催されます

終了しました。

千葉市医師会では市民の皆さんのご健康のために「-あなたは大丈夫? 胃がん予防と治療について-」のテーマで11月20日(日)13:00より市民公開講座を開催いたします。参加費は無料で、質問コーナーもあります。皆さん、是非ご参加ください。

詳細はこちらです。市民公開講座は入場無料ですので皆さんぜひお申込みください。

2011年10月4日

来年度から、高齢者インフルエンザ予防接種の郵送での案内が廃止となります

千葉市では、今年度(平成23年度)までインフルエンザ予防接種の案内と予診票を個別に郵送しておりましたが、来年度(平成24年度)から高齢者インフルエンザ予防接種の郵送での案内は廃止となります。
対象の方はご注意ください。

対象者: 65歳以上の皆さん及び、60歳以上65歳未満で特定の障害のある皆さん。

※新規に65歳到達する皆さんについては、当該年度に1度だけインフルエンザ予防接種の個別通知を発送します。

2011年9月30日

千葉市医師会日医認定産業医研修会が開催されます

終了しました。

千葉市医師会では、千葉市医師会日医認定産業医研修会「基礎(後期)」・「生涯(専門)」を、2011年10月21日(金)19:00より千葉市総合保健医療センターにて開催いたします。今回のテーマは「運動処方・運動指導の実際 ~産業医・健康スポーツ医活動における指導のポイント~」となります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年9月21日

子宮頸がん公費助成追加についてのお知らせ

子宮頸がん予防ワクチンは、これまで2価ワクチン「サーバリックス」のみが助成の対象となっておりましたが、9月15日(木)より、4価ワクチン「ガーダシル」も助成の対象になります。なお、「サーバリックス」と「ガーダシル」については、一方のワクチンを接種後、もう一方のワクチンを接種することに対する安全性、免疫原性、有効性が確立されていないため、必ず同じワクチンで3回接種してください。
接種の途中で他のワクチンに切り替えた場合、助成の対象となりません。

「サーバリックス」と「ガーダシル」はいずれも子宮頸がんの予防効果があります。どちらを接種するかは、医療機関またはワクチン製造会社などに問い合わせて下さい。

お問い合わせ先(フリーダイヤル)
サーバリックス : 0120-561-007 / ガーダシル : 0120-024-964

2011年9月15日

紫外線による目のダメージ

9月に入り、気温は少しずつ穏やかになってきましたが、紫外線対策はまだまだ油断できません。
紫外線の量は9月までは多く、対策を続けていくことが必要です。日焼けによるシミ、ソバカスなど、紫外線が皮膚に与える影響に意識がいきがちですが、意外と目への影響はあまり知られていません。
紫外線の量により受けた目のダメージがどのような病気を引き起こすのかを紹介していきます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年8月26日

日焼けから肌を守りましょう

日差しが強くなり、日焼け対策が欠かせない季節となりました。しかし、日焼けによる肌へのダメージや紫外線がなぜ肌に良くないかについて、きちんと理解している方は少ないのではないでしょうか。日焼けに関する正しい知識を身につけ、紫外線から肌を守りましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年8月26日

夏はとびひが増える季節です

夏に流行する疾患のひとつに、とびひがあります。とびひは細菌の感染によって起こる皮膚の疾患で、主に幼児に多く発症します。汗をかきやすく細菌の繁殖力が強まる夏は特にかかりやすくなるため、注意が必要です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年7月20日

子宮頸がん予防ワクチンの初回接種再開について

子宮頸がん予防ワクチンの全国的な供給不足により、千葉市でも初回接種者への接種を差し控えていました。このたび、厚生労働省より通知があり、7月20日より中学1年生から中学3年生相当の年齢の女子への初回接種を再開することとなりました。
なお、高校2年生は6月10日より、高校1年生は7月10日より、すでに接種が再開されています。高校2年生相当の年齢の女子(平成6年4月2日~平成7年4月1日生まれ)については、平成23年9月30日までに1回目の接種を行った場合に限り、平成23年度の残りの接種も助成対象となります。
接種を希望される場合は、かかりつけ医またはお近くの医療機関にお問い合わせください。

2011年7月19日

熱中症に注意しましょう

気温の上昇に伴い、熱中症による救急搬送が増えています。加えて今年の夏は、電力供給不足に備えた過度の節電により、熱中症にかかるリスクが高まる可能性があるといわれています。熱中症に対する正しい知識を身につけ、これからくる本格的な夏を乗り切りましょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年7月1日

第4期麻しん・風しん予防接種の適応年齢拡大のお知らせ

終了しました。

麻しん・風しん予防接種の第1期・第2期に加え、平成20年度から平成24年度までの5年間に限り、第3期・第4期の予防接種が実施されます。
現在、第4期として高校3年生相当の年齢の方への接種を行っていますが、平成23年5月20日より、修学旅行等で海外に行く高校2年生相当の年齢の方でも第4期として接種することが可能となりました。
高校2年生相当の年齢で接種を希望する場合は、学校における対象者であることの証明、または学生証とスケジュール表など、海外渡航することがわかるものを医療機関の窓口に持参してください。

2011年7月1日

日本脳炎の予防接種時期緩和のお知らせ

日本脳炎の予防接種は、接種後に重い病気にかかった事例をきっかけに、厚生労働省より積極的勧奨の差し控え勧告が通知され、千葉市でも平成17年度から平成21年度まで、予防接種の積極的な勧奨を控えていました。
その後、新たなワクチンが開発され、厚生労働省からの勧奨も再開されたことを受けて、現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けることができます。
また、平成23年5月20日より、平成7年6月1日~平成19年4月1日生まれの方で接種機会を逃した方につき、20歳になるまでの間、不足回数分を公費で接種することが可能になりました。

2011年6月21日

子宮頸がんワクチン接種の円滑な実施について

平素より、予防接種事業にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
子宮頸がんワクチンの供給不足に対する対応については、3月8日付「子宮頸がんワクチン接種の円滑な実施について(通知)」により、当分の間、初回の接種者への接種を差し控え、既に接種を開始した者への2・3回目の接種を優先するようお願いしていたところです。
このたび、6月1日付で厚生労働省通知があり、ワクチン製造販売業者からの報告において一定の供給量が確保できることを確認したことにより、段階的に接種が再開されることとなりました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年5月30日

都内における麻しんの流行について

厚生労働省は、「麻しんに関する特定感染症予防指針」を策定し、2012年の麻しん排除を目標に取り組んできました。結果、平成18年に全国で11,015件あった患者報告数は、平成22年には457件まで減少しました。しかし、今年4月中旬より、都内で麻しんの報告が増加しています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年5月18日

腸管出血性大腸菌食中毒について

このたび、富山県などの飲食店で発生した腸管出血性大腸菌による集団食中毒において、死亡者や多数の感染者が出ました。危険性のある食べ物や予防方法など、腸管出血性大腸菌に関しての情報をまとめました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

2011年4月18日

小児用肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンの予防接種再開のお知らせ

小児用肺炎球菌ワクチンおよびヒブワクチンの同時接種後、複数の死亡例が報告されたことを受け、同ワクチンの接種を一時的に見合わせていました。しかし、3月24日に行われた専門家の会議で安全性の上で懸念はないと判断されたため、4月1日から接種が再開されました。

2011年4月18日

子宮頸がん予防ワクチンについてのお知らせ

子宮頸がん予防ワクチンは、現在全国的に供給が不足しており、医療機関での初回接種の予約が取れなくなっています。ワクチン接種の全額助成が開始された影響で需要が急増し、製造が追いつかないためです。このため、当初ワクチン接種の助成対象者は当時中学1年生から高校1年生の女子としていましたが、平成23年3月末までに1回目の接種を行えなかった当時高校1年生の女子については、平成23年4月以降に1回目の接種を行った場合でも助成対象とすることが決定しています。
なお、同ワクチンは半年以内に計3回の接種が必要なため、すでに接種を開始した方へ優先的にワクチンを供給しています。

医師会のご案内
わたしの町のお医者さん
今月の健康コラム
髄膜炎菌性髄膜炎
バックナンバーはこちら
千葉市医師会 多言語診療ツール
千葉市医師会シアトル計画
千葉市救急受診ガイド
  • リンク集
  • サイトマップ
ページトップ