文字サイズの変更
会員ページ

今月の健康コラム

肝臓に脂肪がたまる「脂肪肝」

2017年1月10日

クリスマスや忘年会、お正月、新年会と、飲んだり食べたりのイベントが続いた年末年始。胃腸の具合や体重増加も気になりますが、暴飲暴食などが原因で肝臓に脂肪がたまる「脂肪肝」も心配です。脂肪肝を放置しておくと、肝炎や肝硬変に進行する危険があり、注意が必要です。

脂肪肝とは

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が過剰に蓄積された状態をいいます。
もともと肝臓では脂肪がつくられており、つくられた脂肪は肝細胞の中にためられ、エネルギーとして消費されています。しかし、消費するエネルギーよりもつくられた脂肪が多くなると、自然と脂肪は蓄積していきます。脂肪肝は、肝細胞の30%以上が脂肪化した状態をいいます。

その原因の多くは、アルコールの多量摂取と過食・偏食などです。脂肪がたまるというと、肥満型の体型を想像するかもしれませんが、運動不足と偏った食事により、痩せ型の人でも脂肪肝になる可能性はあります。また、栄養障害、糖尿病、高脂血症、一部の薬剤などが原因でなる場合もあります。
肝臓は沈黙の臓器といわれるほどで、脂肪肝になっても自覚症状はほとんどありません。しかし、確実に肝臓のはたらきは悪くなっています。血流も悪くなり、疲れやすかったり、肩がこりやすかったり、頭がボーっとするなどの症状があらわれることもあります。気になる場合は、一度医療機関を受診しましょう。
気づかずにそのままにしておくと、肝炎や肝硬変を引き起こし、肝不全や肝臓がんなど、命の危険に繋がる病気へ進行することもあります。

脂肪肝を予防するには

脂肪肝の多くは、規則正しい生活を送ることで予防できます。日頃から下記のような生活を心がけましょう。

● アルコールの多量摂取は控えましょう。

● 食生活に気を配りましょう。

  • ごはん、パン、麺類、果物、菓子類などの糖質や、脂っこい食事を摂りすぎないようにしましょう。
  • 魚、大豆、卵などの良質なたんぱく質、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂りましょう。
  • 暴飲暴食は避けましょう。
  • 食事は、野菜、たんぱく質、炭水化物の順番に、ゆっくりよく噛んで食べ、血糖値を急激に上げないようにしましょう。
  • 朝食をしっかり食べ、夕食は控えめにしましょう。

● 定期的に適度な運動を行いましょう。

散歩やジョギング、水泳などの、全身の筋肉を使用する有酸素運動を行いましょう。このほか、エレベーターを使用せず階段を使うなど、日常生活で簡単にできることにも取り組んでみましょう。

● 休養と睡眠をしっかりとりましょう。

これらの生活習慣の改善は、脂肪肝になっている場合にも効果があります。しかし、すでに脂肪肝と診断されている場合や、メタボリックシンドロームや糖尿病、脂質異常など他の病気を併発している場合は、必ず医師の指示に従った食事・運動療法を行いましょう。また、気になることがあったらかかりつけ医に相談しましょう。

  • インデックス
  • 前のページ
  • 次のページ
わたしの町のお医者さん
今月の健康コラム
髄膜炎菌性髄膜炎
バックナンバーはこちら
千葉市医師会 多言語診療ツール
千葉市医師会シアトル計画
千葉市救急受診ガイド
  • リンク集
  • サイトマップ
ページトップ